« 東京美術館巡り「ぐるっとパス」の使い勝手 | Main | 浅野さんデビュー著書『たった1通でひとを動かすメールの仕掛け』発売! »

ふたつの坂倉準三展

建築家・坂倉準三の認知度ってどのぐらいだろう?

少なくとも私には、印象の薄い建築家でした。

公共建築をたくさん手掛けたことは漠然と知っていたけれど、
すぐに思い浮かぶ作品といえば
神奈川県立近代美術館(鎌倉)くらい。

あまり個性が強くなく、だからこその多作だろう、
程度に思い込んでいました。

しかしその仕事の幅の広さ、半端じゃありません。

この夏、2つの展覧会で、
彼の仕事の全容を知ることができます。

まず、前述の彼の代表作神奈川県立近代美術館 鎌倉で開催中の
「建築家 坂倉準三展 モダニズムを生きる 人間、都市、空間」。
(9月6日まで)
パナソニック電工汐留ミュージアム
「建築家 坂倉準三展 モダニズムを住む 住宅、家具、デザイン」。
(9月27日まで)
題名の通り、鎌倉では公共建築や都市計画を
汐留では家具や住宅を、それぞれ分担して展示しています。

なかでも、汐留の展覧会は、
今まであまり注目されていなかった(と思う)
坂倉の住宅作品がまとめて見られる貴重な機会。

展覧会図録では、お馴染みの建築史家・藤森照信氏が
日本住宅史上における坂倉の位置を
次のように定義しています。

「坂倉準三は、戦後の国民様式としての
 新日本調をつくった建築家であった」

鎌倉では、ひととおり展示を見終えたあと、
展覧会のメインビジュアルにもなっている、
美術館のピロティ空間を堪能しました。

戦後間もない物資不足の中でつくられた建物で、
中庭の外壁には老朽化が目立ちますが、
このピロティの空間は素晴らしい。

坂倉の事跡を知ったうえで、その建築を再体験する。
私にとっては、結局、このピロティが、2つの展覧会の白眉でした。


|

« 東京美術館巡り「ぐるっとパス」の使い勝手 | Main | 浅野さんデビュー著書『たった1通でひとを動かすメールの仕掛け』発売! »

05・建築」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ふたつの坂倉準三展:

« 東京美術館巡り「ぐるっとパス」の使い勝手 | Main | 浅野さんデビュー著書『たった1通でひとを動かすメールの仕掛け』発売! »