いつもの週末とはちょっと違う客層(子連れ観光客とか!)で
混み合う六本木を通り抜け、飯倉片町あたりへ。
狸穴に下りる路地は、ちょっといいカンジ。